岸釣りインテリジェンス

船釣りめ、岸釣りを舐めるなよ?

釣り初心者が『いつでも釣れる』様になる最も効率的な方法。

 

 

 

今回は釣りを始めたての人に向けた記事だ。

コロナの時期に入りアウトドアブームが到来、嬉しいことに釣り人口も爆増、らしい。

ただ、この期間に増えた釣り人も、恐らくその殆どが1年を経たずに釣りを辞めてしまうんじゃ無いか?

 

なぜなら、自然が豊かなエリアを除けば、日本の釣りは本当に『釣れない』からだ。難しいんだ、魚をゲットするのが。

おそらく、九州等の釣りを始める人々の9割以上の情報源はYouTubeだと思う。YouTubeには当然素晴らしい釣果を出す動画が溢れているけど、現実はそうじゃない。

特に、俺達が住んでいる関東圏の釣りは初心者が数回通ったくらいで釣果を出せるほど簡単じゃない。


最近俺の周りで釣りを始めた人達は、10回連続ボーズなんてザラだ。そんな状況でも諦めずに釣果を得られるまで通い続けられる人なんてのは絶対に多くはない。

 

だから、魚が釣れる様になるまで、の時間をもう少し縮めよう。


何でも良いからとりあえず何らかの魚が釣れる様になるまで。


今日は、釣りを始めた手の人がここまでを一気にショートカットできる様な。そんな記事を本気で書いていく事にした。

サビキ釣りでもない限り、釣りを始めたての初心者が、釣りを始めて数回以内に何らかの釣果を得られる確率はめちゃめちゃ低い。

だから、この記事を見た方がいい。これから書いていくことをしっかりと理解すれば、今後からの釣果には必ず相当な違いが出てくる。


🟠魚が釣れる構造は主に2ステップだけ。これだけ考えれば良い。

釣りというのは非常に複雑なようで、実は何らかの魚をゲットしようとするために越えなければならないステップは、たった二つだけなんだ。

それは、


・餌(もしくはルアー)と魚を出会わせる。
・食わせる。


これだけだ。お前が魚が釣れないのなら、必ずこのどちらかがクリアできていない。ただそれだけなんだ。

つまり、このたった二つの課題をクリアすることさえできて仕舞えば、魚は確実に釣れる。

『いや、食った後も合わせとか、取り込みとかもありますけど?』なんて反論が返ってきそうだが、

そんなことはどうでもいい。


確かに、合わせが下手だったり、取り込みが下手だったりで魚を逃す『こと』はあるが、食わせる事が出来ているなら、

合わせや取り込みなんて大した問題じゃない。

餌を食った魚は一緒に針を食っている。そこまで行ってしまえば、ド素人丸出しの合わせだろうが、単にリールを巻くだけだろうが、どうせそのうち魚は釣れる。

だから、
・出会わせる
・食わせる

この二つから頭を離すなよ?後のことは結構どうでもいい。

 


🟠初心者なら餌釣り。

『出会わせる、食わせる』の2つのステップの中で、後者の『食わせる』に関しては生の餌を使う事でほぼほぼクリアする事ができる。

釣り人が何もせずとも、出会ってしまえば餌が勝手にアピールし、魚を食いつかせてくれるからだ。

YouTube
等のメディアを見て釣りを始めるのなら、多くの人が、ルアー釣りを選択しようとするのかもしれない。

しかし、『ルアーでの釣り』を入り口とするのは非常に険しい道のりを辿る可能性が高い。下手したら1年くらい釣れない。

初心者はまず魚種や釣法に拘らず、多くの魚と出会える難易度の低い釣りをすべきだ。

ルアーで魚を釣ることは、餌で釣る事よりも圧倒的に難易度は高い。


もちろん、ポイントやターゲットにもよるが、餌で魚を10匹釣るのと、ルアーで1匹釣る難易度が同じくらいなんじゃないだろうか。

それに、初心者は釣法やターゲットに拘らず、釣りやすいターゲットを釣りやすい方法で沢山釣り、魚を釣り上げる経験を数多く積み重ねるべきだ。その方が、後の上達もはるかに早くなる。

いいか?魚が釣れずに苦しんでいるのなら、まず『餌での釣り』を選択しよう。


🟠『出会わせる』のクリア方法

餌での釣りで食わせのハードルをクリアすることはわかったな。ならば、第一ステップの『魚とこちらの仕掛けを出会わせる』事ができれば、『釣果』にはグッと近づく。

ここからは、『出会わせ方』について解説する。

魚と仕掛けが出会うパターンは、主に以下の2パターンがある。いや、以下の2パターンしかない。

・魚のいる場所に餌を届ける。
・餌のある場所に魚がやって来る。

この二つだ。

そして、出会いの難易度が圧倒的に低いのは後者になる。魚が勝手に餌を探し、餌のある場所に魚がやってくるというパターンだ。

魚の方が餌を探してやってくるのだから、釣り人が魚を発見し仕掛けを送り込む必要がない。初心者のお前は、まず何もせずとも魚が勝手に餌を探してくれる釣りを選択した方が良いんだ。

そして、そのターゲットは餌の匂いを頼りに餌を探す。ならば、数多くいるターゲット達の中でも、特に、

嗅覚の優れた魚種をターゲットに設定することで、餌と魚が出会う確率を格段に上げる事ができる事になる。

探す力に長けた魚に餌を探させるんだ。いいか、



初心者は、嗅覚の優れたターゲットをエサ釣りで狙え。


嗅覚の優れたターゲットを狙い、奴らの嗅覚に頼った『待ちの釣り』をする。それが釣り人の実力を最も問わない魚と餌の出合わせ方だ。



🟠お前が狙うべきターゲットと使うべき餌

じゃあ、とにかく魚と出逢いたいお前が狙うべき嗅覚が優れた魚などの魚なのか、

それはずばり



コイ科の魚、そしてナマズだ。



海の魚にも嗅覚の優れた奴らは居るんだが、海と川では川の方がはるかに魚を釣る難易度は低い。だから今回は淡水魚を選択した。

コイ科の魚は主にコイ、ニゴイ、ウグイ、アブラハヤ、オイカワのことを指す。これに同等レベルの嗅覚を持つナマズを入れて最も釣りやすい嗅覚系のターゲットとした。

奴らは、信じられないほど発達した嗅覚で

遠くに放置された餌を探し出す。

そして、使う餌はミミズだ。

ミミズは川釣りにおいての最強のエサだ。ミミズは淡水魚であれば、鮎以外の全ての魚種が捕食対象としている。つまり、あゆ以外であれば全ての淡水魚を釣る事ができる。

それだけじゃない。ミミズはその皮膚から大量のヌメリを出す。水中に匂いを撒き散らし続けてくれる素晴らしい餌。

ターゲット達はこの匂いを遠くから感知し、すぐにミミズの下へ辿り着く。

仕掛けを投入して30分、ミミズが無事でいることは極めて難しいだろう。ミミズは自ら自分がそこに居るという情報を出し続けてしまう。それに奴らが気付かないはずはない。

とにかく魚と出逢いたいのなら、嗅覚系の淡水魚をミミズで狙うんだ。



🟠投げ入れる場所

ここまでわかれば、後は川に仕掛けを投げ入れるだけになる。仕掛けを投げ込む場所も非常に簡単だ。それは、

その釣り場で一番水深が深そうで、流れが緩めの場所。

これだけだ。

一番深く、流れが緩い場所ってのも大体で良い。おおよそ周囲より水深がありそうで、流れが緩めに見えればOKだ。

仕掛けを投げ込み、後は糸を張り気味にしてアタリを待つ。多少ポイントがズレていたとしてもミミズの匂いが奴等を呼び寄せる。ポイントがズレていても大丈夫。そのためにも嗅覚の優れた魚を狙うことが重要なんだ。

🟠ここまでが『出会わせる、食わせる』の全て。

・出会わせる
・食わせる

魚を釣る為の2ステップはここまでで完了した。如何なる方法を取るにせよ、釣りは常にこの二つの要素を考えるだけで良い。

それを忘れないでくれ。

次の記事ではこの釣りを展開する際に使用する『仕掛け』について細かく解説する。どの針、どの糸、どのオモリ、それらをどう組み合わせて最高の仕掛けを作るのか?

非常に重要な知識になるから、油断せずにしっかり理解してほしい!

今回はここまで!

横浜エリアでルアー釣り。デカメバル&カサゴ狙い

ルアーでの釣りは、やはりはどれほど腕を磨いても餌釣りの釣果には敵わないものです。

『ルアーで釣りたい』
『このルアーで釣りたい』
『餌に触りたくない』
『カッコいいから』

と言ったように、ルアーでの釣りは基本釣果を優先しないロマンの釣りだと思っています。


魚の欲に合わせた釣り→餌釣り
人の欲に合わせた釣り→ルアー


と言った感じでしょうか。

なこちらの欲が優先の釣りがルアー釣りなら、トコトングッドサイズに拘って釣りをしたいですね。

淡水でのルアーはともかく、海は魚種も豊富だし、様々な大型魚がそこら辺を泳ぎ回っています。大型だけを狙っても釣果を得られる可能性が高い。ならば当然ロマン優先でしょう(笑)

マゴチ、カマス、サバ、ロックフィッシュなど全ての魚種を対象とした五目釣りを展開するときは比較的小さめのルアーを選びますが、食い渋った際に『何とか釣果を得たい』とルアーサイズを落とすなら、私はさっさと諦めて餌釣りに切り替えます(笑)

そんな訳で、今回も展開したのはロマン優先のランカーメバルを狙った釣り、横浜のメバル釣りにしてはかなりの重量級、総重量5グラムのワームで臨みました。

小型のワームを使った時と比べアタリは4分の1程度に減ってしまいますが、この場所にこんなサイズがいたのか!という様なそのポイントのマックスサイズを狙うことができるため、非常にエキサイティングな釣りだと思います。


【今回の釣果】

以下が今回の釣果となります。今回はメバルだけでなく数多くの外道達が登場してくれました。

カサゴ

f:id:ryotadohi:20211201162410j:plain

メバル
f:id:ryotadohi:20211202175119j:plain


カサゴ
f:id:ryotadohi:20211201162424j:plain

メバル
f:id:ryotadohi:20211201162443j:plain

(ソイ)
f:id:ryotadohi:20211201162454j:plain

そして極め付けはこれ。

モンスター級クロダイ(チヌ)

f:id:ryotadohi:20211202174307j:plain

私実はルアーで黒鯛釣ったの初めてなんですが、初クロダイはなんとモンスターサイズ!!!

f:id:ryotadohi:20211202174525j:plain


明け方5時ごろに表層をゆっくりと誘ってきたらガツッと食ってきました。

ネットがなかったのでラインを手で掴んで慎重に引き上げました。ラインがナイロン3号でしたが、十分に魚を疲れさせてから引き上げたので何とか取ることができました。

ただのメバル釣りも大きめのルアーをセレクトすれば、ビッグサイズの外道も一緒に狙えるのでワクワク度が倍増します。


🟠今回の釣法は広範囲に探ることが重要。

今回釣り方に関してですが、『このルアーを食え』と言ったロマン優先の釣りは、こちらのわがままにフィットしてくれる魚を探さないといけないわけですから、とにかく手返し良く広範囲を探る必要があります。

なので、今回はワームに比較的重めのネイルシンカーをねじ込んで遠投し、基本は『巻きの釣り』がメインとなります。

『ツンツン』という小型魚のアタリが続く中、時折現れるドン!!という強烈なアタリ。この魚だけを狙って釣るロマンの釣り、

淡水魚ならなかなか釣果に恵まれないパターンではありますが、海ではかなりわがままに釣りをしてもある程度の釣果を得ることができます。(日本の淡水魚は賢すぎる)

めちゃめちゃ面白いおすすめの釣りです!

江之浦漁港周辺でロックフィッシュ調査

今日は江の浦漁港より、その周辺に点在する磯、ゴロタエリアの方がロックフィッシュの実績は高いです。

理由は簡単で、やはり人工的に作られ足場の良い漁港よりも、天然の岩場の方が足場が悪く寝がかりも置いため、入っている釣り人が少ない。

移動力の低いロックフィッシュは、やはりまず人が入っていない場所を探すのが第一、最も大きく釣果に関わる要素です。

というわけで、今回も漁港ではなくその周辺の磯、ゴロタエリアをランガン釣行。訳4時間ほど歩き回って釣りをしてきました。


今回の釣果です。

f:id:ryotadohi:20211102160256j:plainキープはカサゴ、アカハタ、オオモンハタ含み7匹のみです。

最近江の浦含む小田原エリアの探索を行っていますが、明らかに今年はハタ系の数が多いです。以前はいくら釣ってもカサゴ、ムラソイまみれだったんですがね、やはり、『神奈川はハタの数が増えている』という噂に間違いはないでしょう。

カサゴも大型であれば非常に面白いのですが、やはりハタ系の魚の方が遥かに引きも強く、よく走るため魚をかけた後のやり取りが非常に楽しい。

なにより、その姿がかっこいい。


🟠ハタ系を選んで釣る方法

磯場でロックフィッシュを狙う場合、ある程度魚種を選んで狙うことも可能です。

僕の場合、もちろんカサゴも本命の一つですが、一番はハタ系ロックフィッシュ。このハタ系を選んで釣るには、ある程度の遠投が必要です。

他のエリアはわかりませんが、神奈川のハタはカサゴと比べ水深が使い場所にいる傾向にあります。

魚種別の位置付けであれば、

一番手前岸際がムラソイ、

中間エリアからカサゴ が入り出し、

沖めのエリアからハタが増え出すと言った感じです。

僕が使ってる仕掛けは、ロックフィッシュ全種に対応するものなので、魚の目の前に出れば大体なんでも食ってきますが、

投げ入れる場所を変えることで、ある程度釣れてくる魚種をコントロールすることができます。ある程度ですけどね笑

なので、ロックフィッシュの中でもアカハタ、オオモンハタなどを選んで釣りたい方は、ある程度遠投に向いたタックルで釣りに挑んでみてください。

現在、僕はこのやり方でカサゴ3匹あたりハタ系1匹くらいの割合です。

ただ、このペースで小田原のハタが増え続ければ、来年にはもっと高い割合でハタをつることができる様になるかもしれません。非常に楽しみですね。

米神港周辺でカサゴ、アカハタ釣りレポート。

今回は米神漁港周辺でアカハタ、カサゴなどのロックフィッシュ調査です。

これまで米神漁港は道路から見下ろしても常に常連釣り人でいっぱいだったのでほとんど入ったことはありませんでしたが、そこから延々とつづく磯場エリアに入ることができるのを知り、足を運んでみることに。

今回はこの様な釣果となりました。

f:id:ryotadohi:20211022234805j:plain


カサゴをメインにアカハタも混じってくれました。不慣れな釣り場の釣果としては十分な釣果を得ることができたと思います。

今回の釣果を出すことが出来たキモとなったのは、ポイントの見極めでしょう。

米神港の入り口から入り、すぐには仕掛けを投げず歩き回りました。

その中で『どこに魚が多く残っていそうか?』を見極め、ある程度の当たりをつけてからの釣行、その作戦が功を奏したのではと思います。

もちろん、この釣り方は米神港に限らず全ての釣り場で言えることですが、今回はいつもよりも入念にポイント絞りを行いました。

理由は簡単、米神港は非常に釣り人の多いポイントだからです。


無闇に投げても絶対に釣れない。

ロックフィッシュの釣りは、激戦区であれば激戦区であるほどポイント選定の重要度が高くなります。米神であれば60%は

どこで釣るか?
どこに投げるか?

によって決まってくるでしょう。

例えば相手がアカハタではなく、移動力の小さいカサゴなのであれば、さらにその傾向は強くなります。

もちろん、アカハタは僕のロックフィッシュ釣行のメインターゲットですが、神奈川エリアとなるとやはりカサゴが釣果の大部分を占めるのはわかっています。

だから、ポイント絞りに時間をかける。


今回は、そんな釣りが良い結果を連れて来てくれた。そんな釣行となりました。

 

真鶴三石でカサゴ 、アカハタを釣り歩く。

今回は真鶴半島でアカハタ、カサゴをメインとした根魚を狙ってきました。

真鶴は私の家からなかなか遠い距離にあるので、実はそんなに多く行ったことはありません。なのでポイントが絞りにくいため、今回はランガンスタイルで『投げて歩く、投げて歩く』をひたすらに繰り返してきました。

開始直後からコンスタントにつれたのは中型のカサゴ、やはり真鶴はカサゴ の宝庫です。前回来た時もカサゴば爆釣しました。

今回もカサゴはメインターゲットの一つですが、前回小型しか釣れなかったアカハタをよりメインに狙っていきたいですね。

アカハタの釣りはここ1年ほどで大分研究が進んだので、最近は数多くいる根魚の中でアカハタを選んで釣れる様になってきました。

その変化を真鶴でも発揮したい。

釣っても釣ってもカサゴとササノハベラが続くので、仕掛け自体も完全にアカハタ仕様にチェンジ、カサゴを除外してでもアカハタを仕留めたい。

さらに場所も移動し釣り始めると、要約アカハタが混じり出しました。このポイント自体が良かったのもあると思いますが、ここから一気にアカハタが続きます。

やはりこの方法は真鶴でも通用する。研究の成果を強く実感できる釣果、ボックスが重くなって来たところで釣行終了。

釣った魚達は家のメンバーで美味しくいただきました。

本日の釣果

f:id:ryotadohi:20211009232740j:plain


30オーバーが2匹!
f:id:ryotadohi:20211009232732j:plain





相模川支流、小鮎川のブラックバス!

最近はなかなか忙しく、近場でできるブラックバスの釣りをやっています。

 

近くのカフェで仕事に作業をやって、休憩がてらに1時間ほどバス釣りをする。

 

そんなサイクルが出来上がっております(笑)

 

今回やってきたのは前回と同じく相模川の支流である小鮎川。大きな本流よりも、小さな清流の方が僕は好きなので、最近はここによく足を運んでいます。

 

ルアーはスプーン。

 

釣具屋に行けば色々な高額ルアーが並んでいますが、バス釣りなんてタックルベリーで100円で買えるスプーンで十分だろうと思っています。

 

高いルアーってそれだけ釣れるんですかね?高すぎて買ったことないので良くわかりませんが、ダイソールアーでもしっかり釣れることは確かです。

 

なので僕は100円台のルアーで十分。

 

それにスプーンはベイトリールで非常に投げやすいですしね。釣り歴28年目にして初めてベイトリールを買った僕に取っては、100円台のスプーンは非常に助かっています(笑)

 

そんなわけで、とりあえずスプーンをひたすら投げ続け、

 

時間内に魚と出会うことができました👍

f:id:ryotadohi:20211009015458j:plain

 

今季はじめてのラージマウスバスです。

 

やっぱり清流のバスは綺麗ですね。引も強いし、体格もかっこいい個体が多い。

 

相模川流域のブラックバス、まだまだしばらくは楽しめそうです。

 

今回はこんなところで!

f:id:ryotadohi:20211009015530j:plain

ヒットルアーは100円スプーン!

 

 

小鮎川でバス釣り。

厚木市を流れる小鮎川、相模川の支流ということで、実はかなりの量のブラックバスが生息しています。

 

今回はそんな小鮎川での釣行。

 

バスの中でも、遊泳能力に優れるスモールマウスバスは、流れの早い小鮎川であっても、何の苦も無く生息できています。

 

今回はそんな小鮎川のスモールを、ハードルアー縛りで狙ってみることにしました。

 

使用したのは渓流用のヘビーシンキングミノー。

 

後に予定もあったため割と短い時間での釣行でしたが、小鮎川で一本のスモールを釣り上げることができました。

 

f:id:ryotadohi:20211007031748j:plain

 

小型ですけどね

 

久しぶりに川でのハードルアーやりましたが、やはり巻物で釣るバスは楽しさ倍増です。

 

投げて巻いているだけなので非常に楽だし。

 

今年はハードルアーバス釣りを訓練してみようかな、、、、

ハードルアーでの川スモール、もっと釣れる様になればかなり楽しそうな釣りです。

 

相模川流域のスモールはかなり数が多い印象なので、ハードルアー縛りで釣りをしてもなかなかの確率でバスをゲットできそう。

 

時間の空いた時にささっと行ける相模川、冬が来るまではもう少し通ってみようかな。