岸釣りインテリジェンス

船釣りめ、岸釣りを舐めるなよ?

横浜エリアでルアー釣り。デカメバル&カサゴ狙い

ルアーでの釣りは、やはりはどれほど腕を磨いても餌釣りの釣果には敵わないものです。

『ルアーで釣りたい』
『このルアーで釣りたい』
『餌に触りたくない』
『カッコいいから』

と言ったように、ルアーでの釣りは基本釣果を優先しないロマンの釣りだと思っています。


魚の欲に合わせた釣り→餌釣り
人の欲に合わせた釣り→ルアー


と言った感じでしょうか。

なこちらの欲が優先の釣りがルアー釣りなら、トコトングッドサイズに拘って釣りをしたいですね。

淡水でのルアーはともかく、海は魚種も豊富だし、様々な大型魚がそこら辺を泳ぎ回っています。大型だけを狙っても釣果を得られる可能性が高い。ならば当然ロマン優先でしょう(笑)

マゴチ、カマス、サバ、ロックフィッシュなど全ての魚種を対象とした五目釣りを展開するときは比較的小さめのルアーを選びますが、食い渋った際に『何とか釣果を得たい』とルアーサイズを落とすなら、私はさっさと諦めて餌釣りに切り替えます(笑)

そんな訳で、今回も展開したのはロマン優先のランカーメバルを狙った釣り、横浜のメバル釣りにしてはかなりの重量級、総重量5グラムのワームで臨みました。

小型のワームを使った時と比べアタリは4分の1程度に減ってしまいますが、この場所にこんなサイズがいたのか!という様なそのポイントのマックスサイズを狙うことができるため、非常にエキサイティングな釣りだと思います。


【今回の釣果】

以下が今回の釣果となります。今回はメバルだけでなく数多くの外道達が登場してくれました。

カサゴ

f:id:ryotadohi:20211201162410j:plain

メバル
f:id:ryotadohi:20211202175119j:plain


カサゴ
f:id:ryotadohi:20211201162424j:plain

メバル
f:id:ryotadohi:20211201162443j:plain

(ソイ)
f:id:ryotadohi:20211201162454j:plain

そして極め付けはこれ。

モンスター級クロダイ(チヌ)

f:id:ryotadohi:20211202174307j:plain

私実はルアーで黒鯛釣ったの初めてなんですが、初クロダイはなんとモンスターサイズ!!!

f:id:ryotadohi:20211202174525j:plain


明け方5時ごろに表層をゆっくりと誘ってきたらガツッと食ってきました。

ネットがなかったのでラインを手で掴んで慎重に引き上げました。ラインがナイロン3号でしたが、十分に魚を疲れさせてから引き上げたので何とか取ることができました。

ただのメバル釣りも大きめのルアーをセレクトすれば、ビッグサイズの外道も一緒に狙えるのでワクワク度が倍増します。


🟠今回の釣法は広範囲に探ることが重要。

今回釣り方に関してですが、『このルアーを食え』と言ったロマン優先の釣りは、こちらのわがままにフィットしてくれる魚を探さないといけないわけですから、とにかく手返し良く広範囲を探る必要があります。

なので、今回はワームに比較的重めのネイルシンカーをねじ込んで遠投し、基本は『巻きの釣り』がメインとなります。

『ツンツン』という小型魚のアタリが続く中、時折現れるドン!!という強烈なアタリ。この魚だけを狙って釣るロマンの釣り、

淡水魚ならなかなか釣果に恵まれないパターンではありますが、海ではかなりわがままに釣りをしてもある程度の釣果を得ることができます。(日本の淡水魚は賢すぎる)

めちゃめちゃ面白いおすすめの釣りです!

江之浦漁港周辺でロックフィッシュ調査

今日は江の浦漁港より、その周辺に点在する磯、ゴロタエリアの方がロックフィッシュの実績は高いです。

理由は簡単で、やはり人工的に作られ足場の良い漁港よりも、天然の岩場の方が足場が悪く寝がかりも置いため、入っている釣り人が少ない。

移動力の低いロックフィッシュは、やはりまず人が入っていない場所を探すのが第一、最も大きく釣果に関わる要素です。

というわけで、今回も漁港ではなくその周辺の磯、ゴロタエリアをランガン釣行。訳4時間ほど歩き回って釣りをしてきました。


今回の釣果です。

f:id:ryotadohi:20211102160256j:plainキープはカサゴ、アカハタ、オオモンハタ含み7匹のみです。

最近江の浦含む小田原エリアの探索を行っていますが、明らかに今年はハタ系の数が多いです。以前はいくら釣ってもカサゴ、ムラソイまみれだったんですがね、やはり、『神奈川はハタの数が増えている』という噂に間違いはないでしょう。

カサゴも大型であれば非常に面白いのですが、やはりハタ系の魚の方が遥かに引きも強く、よく走るため魚をかけた後のやり取りが非常に楽しい。

なにより、その姿がかっこいい。


🟠ハタ系を選んで釣る方法

磯場でロックフィッシュを狙う場合、ある程度魚種を選んで狙うことも可能です。

僕の場合、もちろんカサゴも本命の一つですが、一番はハタ系ロックフィッシュ。このハタ系を選んで釣るには、ある程度の遠投が必要です。

他のエリアはわかりませんが、神奈川のハタはカサゴと比べ水深が使い場所にいる傾向にあります。

魚種別の位置付けであれば、

一番手前岸際がムラソイ、

中間エリアからカサゴ が入り出し、

沖めのエリアからハタが増え出すと言った感じです。

僕が使ってる仕掛けは、ロックフィッシュ全種に対応するものなので、魚の目の前に出れば大体なんでも食ってきますが、

投げ入れる場所を変えることで、ある程度釣れてくる魚種をコントロールすることができます。ある程度ですけどね笑

なので、ロックフィッシュの中でもアカハタ、オオモンハタなどを選んで釣りたい方は、ある程度遠投に向いたタックルで釣りに挑んでみてください。

現在、僕はこのやり方でカサゴ3匹あたりハタ系1匹くらいの割合です。

ただ、このペースで小田原のハタが増え続ければ、来年にはもっと高い割合でハタをつることができる様になるかもしれません。非常に楽しみですね。

米神港周辺でカサゴ、アカハタ釣りレポート。

今回は米神漁港周辺でアカハタ、カサゴなどのロックフィッシュ調査です。

これまで米神漁港は道路から見下ろしても常に常連釣り人でいっぱいだったのでほとんど入ったことはありませんでしたが、そこから延々とつづく磯場エリアに入ることができるのを知り、足を運んでみることに。

今回はこの様な釣果となりました。

f:id:ryotadohi:20211022234805j:plain


カサゴをメインにアカハタも混じってくれました。不慣れな釣り場の釣果としては十分な釣果を得ることができたと思います。

今回の釣果を出すことが出来たキモとなったのは、ポイントの見極めでしょう。

米神港の入り口から入り、すぐには仕掛けを投げず歩き回りました。

その中で『どこに魚が多く残っていそうか?』を見極め、ある程度の当たりをつけてからの釣行、その作戦が功を奏したのではと思います。

もちろん、この釣り方は米神港に限らず全ての釣り場で言えることですが、今回はいつもよりも入念にポイント絞りを行いました。

理由は簡単、米神港は非常に釣り人の多いポイントだからです。


無闇に投げても絶対に釣れない。

ロックフィッシュの釣りは、激戦区であれば激戦区であるほどポイント選定の重要度が高くなります。米神であれば60%は

どこで釣るか?
どこに投げるか?

によって決まってくるでしょう。

例えば相手がアカハタではなく、移動力の小さいカサゴなのであれば、さらにその傾向は強くなります。

もちろん、アカハタは僕のロックフィッシュ釣行のメインターゲットですが、神奈川エリアとなるとやはりカサゴが釣果の大部分を占めるのはわかっています。

だから、ポイント絞りに時間をかける。


今回は、そんな釣りが良い結果を連れて来てくれた。そんな釣行となりました。

 

真鶴三石でカサゴ 、アカハタを釣り歩く。

今回は真鶴半島でアカハタ、カサゴをメインとした根魚を狙ってきました。

真鶴は私の家からなかなか遠い距離にあるので、実はそんなに多く行ったことはありません。なのでポイントが絞りにくいため、今回はランガンスタイルで『投げて歩く、投げて歩く』をひたすらに繰り返してきました。

開始直後からコンスタントにつれたのは中型のカサゴ、やはり真鶴はカサゴ の宝庫です。前回来た時もカサゴば爆釣しました。

今回もカサゴはメインターゲットの一つですが、前回小型しか釣れなかったアカハタをよりメインに狙っていきたいですね。

アカハタの釣りはここ1年ほどで大分研究が進んだので、最近は数多くいる根魚の中でアカハタを選んで釣れる様になってきました。

その変化を真鶴でも発揮したい。

釣っても釣ってもカサゴとササノハベラが続くので、仕掛け自体も完全にアカハタ仕様にチェンジ、カサゴを除外してでもアカハタを仕留めたい。

さらに場所も移動し釣り始めると、要約アカハタが混じり出しました。このポイント自体が良かったのもあると思いますが、ここから一気にアカハタが続きます。

やはりこの方法は真鶴でも通用する。研究の成果を強く実感できる釣果、ボックスが重くなって来たところで釣行終了。

釣った魚達は家のメンバーで美味しくいただきました。

本日の釣果

f:id:ryotadohi:20211009232740j:plain


30オーバーが2匹!
f:id:ryotadohi:20211009232732j:plain





相模川支流、小鮎川のブラックバス!

最近はなかなか忙しく、近場でできるブラックバスの釣りをやっています。

 

近くのカフェで仕事に作業をやって、休憩がてらに1時間ほどバス釣りをする。

 

そんなサイクルが出来上がっております(笑)

 

今回やってきたのは前回と同じく相模川の支流である小鮎川。大きな本流よりも、小さな清流の方が僕は好きなので、最近はここによく足を運んでいます。

 

ルアーはスプーン。

 

釣具屋に行けば色々な高額ルアーが並んでいますが、バス釣りなんてタックルベリーで100円で買えるスプーンで十分だろうと思っています。

 

高いルアーってそれだけ釣れるんですかね?高すぎて買ったことないので良くわかりませんが、ダイソールアーでもしっかり釣れることは確かです。

 

なので僕は100円台のルアーで十分。

 

それにスプーンはベイトリールで非常に投げやすいですしね。釣り歴28年目にして初めてベイトリールを買った僕に取っては、100円台のスプーンは非常に助かっています(笑)

 

そんなわけで、とりあえずスプーンをひたすら投げ続け、

 

時間内に魚と出会うことができました👍

f:id:ryotadohi:20211009015458j:plain

 

今季はじめてのラージマウスバスです。

 

やっぱり清流のバスは綺麗ですね。引も強いし、体格もかっこいい個体が多い。

 

相模川流域のブラックバス、まだまだしばらくは楽しめそうです。

 

今回はこんなところで!

f:id:ryotadohi:20211009015530j:plain

ヒットルアーは100円スプーン!

 

 

小鮎川でバス釣り。

厚木市を流れる小鮎川、相模川の支流ということで、実はかなりの量のブラックバスが生息しています。

 

今回はそんな小鮎川での釣行。

 

バスの中でも、遊泳能力に優れるスモールマウスバスは、流れの早い小鮎川であっても、何の苦も無く生息できています。

 

今回はそんな小鮎川のスモールを、ハードルアー縛りで狙ってみることにしました。

 

使用したのは渓流用のヘビーシンキングミノー。

 

後に予定もあったため割と短い時間での釣行でしたが、小鮎川で一本のスモールを釣り上げることができました。

 

f:id:ryotadohi:20211007031748j:plain

 

小型ですけどね

 

久しぶりに川でのハードルアーやりましたが、やはり巻物で釣るバスは楽しさ倍増です。

 

投げて巻いているだけなので非常に楽だし。

 

今年はハードルアーバス釣りを訓練してみようかな、、、、

ハードルアーでの川スモール、もっと釣れる様になればかなり楽しそうな釣りです。

 

相模川流域のスモールはかなり数が多い印象なので、ハードルアー縛りで釣りをしてもなかなかの確率でバスをゲットできそう。

 

時間の空いた時にささっと行ける相模川、冬が来るまではもう少し通ってみようかな。

相模川でスモールマウスバスが爆釣した日

本日相模川にて久しぶりのバス釣りに出かけました。

最近は海でのロックフィッシュに行くことが多いですが、時間がない時は近場の川で身近な魚も結構釣っています。

僕が住む厚木市は、海こそ無いわけですがラージマウスバス 、スモールマウスバス 、ナマズライギョをはじめ、スプーンを投げればウグイ、カワムツ、ハヤ、ニゴイなど、淡水におけるルアーターゲットは非常に豊富です。

その中でも僕が最も好きなターゲットがスモールマウスバス になるわけですが、理由は簡単で単に姿がカッコいいから。ロックフィッシュを普段から釣っている僕にとっては、スモールは川のロックフィッシュ。

例えば海に生息していたとしたら『〇〇ハタ』とハタ系の名前が付いていてもおかしくない様な容姿をしています。

なので、近場でしか釣りができない時は多くの場合で相模川のスモールを狙いにいきます。

肝心の釣果ですが、今回はなかなか調子が良く、トータルで6本のスモールを釣り上げることに成功しました。

f:id:ryotadohi:20211006022934j:plain

f:id:ryotadohi:20211006023333j:plain


f:id:ryotadohi:20211006022945j:plain

f:id:ryotadohi:20211006023004j:plain小型ばかりでしたが笑

それでも6匹上げられれば大満足、十分に楽しむことができました。

相模川のスモール、今年はやたらと姿を見かけることが多いのですが、数が増えているんですかね?スモールをランディングする最中に後方から数匹の個体が追いかけて来ることが非常に多いです。

バスは専門ではないのでよくわからないのですが、以前よりも明らかに釣りやすくなっている様に感じます。