釣れる餌やルアーがある様に、『釣れるブログ』があると言ったら、あなたは信じますか?

最高に使いやすく楽しいルアー

      2023/01/15

今回は、ルアーフィッシングがさらに楽しくなる道具の一つとして、私が最も気に入っているルアーの一つを紹介しようと思います。

こちらでです。

https://amzn.to/3Xga6Om

この|×|シャッド、まず何と言ってもこのデザイン。シャッドとクランクの間の様な形状には、他のルアーには無い独特の格好良さがあるだけでなく、

公式動画を見てもわかる様に、アクションが怪しすぎます(笑)アクションMovieを見れば、誰でも『何だこれは!』と興味を引かれるでしょう。

この怪しいアクションを引く竿先には、驚くほどに強いブリブリ感が伝わるのも、このルアーの魅力の一つです。使っていて非常に楽しいこの引き抵抗、『投げて巻く』という動作をさらに楽しくしてくれます。

軽い振りでレーザーの様に飛んでいく

ハードプラグと言うのは、その形状を太らせるほど空気抵抗を受け、ルアーの飛びは悪くなるわけですが、

内蔵されたLBOシステム、さらにはフローティングではなく重量のある『サスペンドタイプ』を採用することにより、軽いスイングでも素晴らしい飛距離と美しい弾道を見せてくれます。

そのサイズ、シルエットからは想像できないほどの飛びは、私がこのルアーを好む最も大きな要因かもしれません。

『釣れる』と『楽しさ』の両立

これは勝手な独自統計ですが、非生物的な形状をしたクランクベイトより、実際に魚の形に近い形状をしたミノーの方が、食わせる能力に関しては明らかに優れています。

クランクの方が楽しいけど、ミノーの方が釣れる。

そんな『楽しい』と『釣れる』を両立したルアーが、|×|シャッドだと思います。まさに、ミノーの釣力を備えたクランクベイト。(ミノーとクランクの中間的形状を持つボディ)

良いルアーの定義

普段は特定のメーカーやルアーを紹介する事の無い私ですが、このブログでは初めて、個別のルアーを紹介させて頂きました。

単に使って楽しいと言うだけでなく、村田基さんの言う『子供が投げてもよく飛んで、ただ巻いてるだけで釣れるのが良いルアー』を、まさに体現したルアーだと思います。

『釣れることも重要だが、使いやすく、楽しいルアーを使いたい』

そんな価値観を持っているのであれば、是非一つボックスの中に忍ばせてみてください。また一つ、楽しい釣りを増やす事ができると思います。

|×|シャッド
https://amzn.to/3Xga6Om

ーーENDーー


釣行時に使用している仕掛けや釣り方に関しては、当サイト内にある『魚種別釣れる構造』に記載しています。一読するだけで後の釣果にかなりの違いが出てくると思いますので、興味のある方は目を通していただければと思います。

魚種別釣れる構造→https://kishitsuri.com/1515-2/



 - 未分類, 軽装スタイルを支える釣具達