岸釣りインテリジェンス

船釣りめ、岸釣りを舐めるなよ?

釣り初心者が『いつでも釣れる』様になる最も効率的な方法。

 

 

 

今回は釣りを始めたての人に向けた記事だ。

コロナの時期に入りアウトドアブームが到来、嬉しいことに釣り人口も爆増、らしい。

ただ、この期間に増えた釣り人も、恐らくその殆どが1年を経たずに釣りを辞めてしまうんじゃ無いか?

 

なぜなら、自然が豊かなエリアを除けば、日本の釣りは本当に『釣れない』からだ。難しいんだ、魚をゲットするのが。

おそらく、九州等の釣りを始める人々の9割以上の情報源はYouTubeだと思う。YouTubeには当然素晴らしい釣果を出す動画が溢れているけど、現実はそうじゃない。

特に、俺達が住んでいる関東圏の釣りは初心者が数回通ったくらいで釣果を出せるほど簡単じゃない。


最近俺の周りで釣りを始めた人達は、10回連続ボーズなんてザラだ。そんな状況でも諦めずに釣果を得られるまで通い続けられる人なんてのは絶対に多くはない。

 

だから、魚が釣れる様になるまで、の時間をもう少し縮めよう。


何でも良いからとりあえず何らかの魚が釣れる様になるまで。


今日は、釣りを始めた手の人がここまでを一気にショートカットできる様な。そんな記事を本気で書いていく事にした。

サビキ釣りでもない限り、釣りを始めたての初心者が、釣りを始めて数回以内に何らかの釣果を得られる確率はめちゃめちゃ低い。

だから、この記事を見た方がいい。これから書いていくことをしっかりと理解すれば、今後からの釣果には必ず相当な違いが出てくる。


🟠魚が釣れる構造は主に2ステップだけ。これだけ考えれば良い。

釣りというのは非常に複雑なようで、実は何らかの魚をゲットしようとするために越えなければならないステップは、たった二つだけなんだ。

それは、


・餌(もしくはルアー)と魚を出会わせる。
・食わせる。


これだけだ。お前が魚が釣れないのなら、必ずこのどちらかがクリアできていない。ただそれだけなんだ。

つまり、このたった二つの課題をクリアすることさえできて仕舞えば、魚は確実に釣れる。

『いや、食った後も合わせとか、取り込みとかもありますけど?』なんて反論が返ってきそうだが、

そんなことはどうでもいい。


確かに、合わせが下手だったり、取り込みが下手だったりで魚を逃す『こと』はあるが、食わせる事が出来ているなら、

合わせや取り込みなんて大した問題じゃない。

餌を食った魚は一緒に針を食っている。そこまで行ってしまえば、ド素人丸出しの合わせだろうが、単にリールを巻くだけだろうが、どうせそのうち魚は釣れる。

だから、
・出会わせる
・食わせる

この二つから頭を離すなよ?後のことは結構どうでもいい。

 


🟠初心者なら餌釣り。

『出会わせる、食わせる』の2つのステップの中で、後者の『食わせる』に関しては生の餌を使う事でほぼほぼクリアする事ができる。

釣り人が何もせずとも、出会ってしまえば餌が勝手にアピールし、魚を食いつかせてくれるからだ。

YouTube
等のメディアを見て釣りを始めるのなら、多くの人が、ルアー釣りを選択しようとするのかもしれない。

しかし、『ルアーでの釣り』を入り口とするのは非常に険しい道のりを辿る可能性が高い。下手したら1年くらい釣れない。

初心者はまず魚種や釣法に拘らず、多くの魚と出会える難易度の低い釣りをすべきだ。

ルアーで魚を釣ることは、餌で釣る事よりも圧倒的に難易度は高い。


もちろん、ポイントやターゲットにもよるが、餌で魚を10匹釣るのと、ルアーで1匹釣る難易度が同じくらいなんじゃないだろうか。

それに、初心者は釣法やターゲットに拘らず、釣りやすいターゲットを釣りやすい方法で沢山釣り、魚を釣り上げる経験を数多く積み重ねるべきだ。その方が、後の上達もはるかに早くなる。

いいか?魚が釣れずに苦しんでいるのなら、まず『餌での釣り』を選択しよう。


🟠『出会わせる』のクリア方法

餌での釣りで食わせのハードルをクリアすることはわかったな。ならば、第一ステップの『魚とこちらの仕掛けを出会わせる』事ができれば、『釣果』にはグッと近づく。

ここからは、『出会わせ方』について解説する。

魚と仕掛けが出会うパターンは、主に以下の2パターンがある。いや、以下の2パターンしかない。

・魚のいる場所に餌を届ける。
・餌のある場所に魚がやって来る。

この二つだ。

そして、出会いの難易度が圧倒的に低いのは後者になる。魚が勝手に餌を探し、餌のある場所に魚がやってくるというパターンだ。

魚の方が餌を探してやってくるのだから、釣り人が魚を発見し仕掛けを送り込む必要がない。初心者のお前は、まず何もせずとも魚が勝手に餌を探してくれる釣りを選択した方が良いんだ。

そして、そのターゲットは餌の匂いを頼りに餌を探す。ならば、数多くいるターゲット達の中でも、特に、

嗅覚の優れた魚種をターゲットに設定することで、餌と魚が出会う確率を格段に上げる事ができる事になる。

探す力に長けた魚に餌を探させるんだ。いいか、



初心者は、嗅覚の優れたターゲットをエサ釣りで狙え。


嗅覚の優れたターゲットを狙い、奴らの嗅覚に頼った『待ちの釣り』をする。それが釣り人の実力を最も問わない魚と餌の出合わせ方だ。



🟠お前が狙うべきターゲットと使うべき餌

じゃあ、とにかく魚と出逢いたいお前が狙うべき嗅覚が優れた魚などの魚なのか、

それはずばり



コイ科の魚、そしてナマズだ。



海の魚にも嗅覚の優れた奴らは居るんだが、海と川では川の方がはるかに魚を釣る難易度は低い。だから今回は淡水魚を選択した。

コイ科の魚は主にコイ、ニゴイ、ウグイ、アブラハヤ、オイカワのことを指す。これに同等レベルの嗅覚を持つナマズを入れて最も釣りやすい嗅覚系のターゲットとした。

奴らは、信じられないほど発達した嗅覚で

遠くに放置された餌を探し出す。

そして、使う餌はミミズだ。

ミミズは川釣りにおいての最強のエサだ。ミミズは淡水魚であれば、鮎以外の全ての魚種が捕食対象としている。つまり、あゆ以外であれば全ての淡水魚を釣る事ができる。

それだけじゃない。ミミズはその皮膚から大量のヌメリを出す。水中に匂いを撒き散らし続けてくれる素晴らしい餌。

ターゲット達はこの匂いを遠くから感知し、すぐにミミズの下へ辿り着く。

仕掛けを投入して30分、ミミズが無事でいることは極めて難しいだろう。ミミズは自ら自分がそこに居るという情報を出し続けてしまう。それに奴らが気付かないはずはない。

とにかく魚と出逢いたいのなら、嗅覚系の淡水魚をミミズで狙うんだ。



🟠投げ入れる場所

ここまでわかれば、後は川に仕掛けを投げ入れるだけになる。仕掛けを投げ込む場所も非常に簡単だ。それは、

その釣り場で一番水深が深そうで、流れが緩めの場所。

これだけだ。

一番深く、流れが緩い場所ってのも大体で良い。おおよそ周囲より水深がありそうで、流れが緩めに見えればOKだ。

仕掛けを投げ込み、後は糸を張り気味にしてアタリを待つ。多少ポイントがズレていたとしてもミミズの匂いが奴等を呼び寄せる。ポイントがズレていても大丈夫。そのためにも嗅覚の優れた魚を狙うことが重要なんだ。

🟠ここまでが『出会わせる、食わせる』の全て。

・出会わせる
・食わせる

魚を釣る為の2ステップはここまでで完了した。如何なる方法を取るにせよ、釣りは常にこの二つの要素を考えるだけで良い。

それを忘れないでくれ。

次の記事ではこの釣りを展開する際に使用する『仕掛け』について細かく解説する。どの針、どの糸、どのオモリ、それらをどう組み合わせて最高の仕掛けを作るのか?

非常に重要な知識になるから、油断せずにしっかり理解してほしい!

今回はここまで!